Blog

最新のお知らせ


2024年4月15日 : これから汗をかく季節に…✿
皆さまこんにちは♪

おお又本店のナカキタです!




気付けば あっ…⁉︎と言う間に駆け足で春が通り過ぎてゆきますね…Σ੧(❛o❛✿)




今年は皆さまお花見には行きましたか?



私たちは4月初旬に本店のお出掛け会でお客様と知恩院へ・:*



やはり桜と着物は相性ぴったり♡

桜を見ると、日本に生まれて良かったなぁ…としみじみ感じます(*´-`)




しかしながら…

4月半ばになると…




急激に暑い!!!!

春のほんわかポカポカなんて言っていられないほどのジリジリ感_(:3 」∠)_



夏に向けて急にアクセル全開の気候になりましたね。


着物も昔の暦ルールなら5月いっぱいまで袷(あわせ)着物ですが、現代はそうも言っていられません。

お客様もおお又スタッフも早々に単(ひとえ)に衣替え。



そんなこれからの季節に味方になってくれるのが、



東レ・シルックの

♪(*^^)o∀*洗える長襦袢∀o(^^*)♪



中でも特に人気の、竹の繊維が織り込まれた

『爽竹長襦袢』!!


こちらを本店で特集いたします・:*+.\(( °ω° ))/.:+

先行入荷分の商品をチラ見せ♡








こちらの爽竹長襦袢、単・夏用とはなっておりますが、実は年中着ていただけます。




今まで一般的なポリエステルの長襦袢で汗びっしょりになっていた方、正絹の夏襦袢で着る度にお手入れに出していた方、

この機会に是非、爽竹長襦袢の生地に触れてその着心地の良さを体感してみて下さいね!




きもののおお又本店

《東レ・シルック特集》

2024年4月18日(木)〜21日(日) 開催

場所:〒535-0011
大阪市旭区今市1-5-15



お問い合わせ・ご予約は

☎︎06-6955-2200(代表)

または、こちらの公式LINEからどうぞ!

おお又本店公式LINE




同時開催

《ジュエリー展&ジュエリー無料メンテナンス&買取見積り相談会》

《着物メンテナンス・丸洗い30%OFFキャンペーン》

こちらも併せて是非ご利用下さい!
2024年4月15日 : ご存じですか?「京和装小物の日」
春の帯揚げ 春の帯締め

※ Please use google translation

こんにちは。
きもの おお又 です。

ご存じですか?

4月15日は「京和装小物の日」という、きもの文化に通ずる記念日なんです。

この日は、京都半襟風呂敷和装卸協同組合によって制定され、一般社団法人・日本記念日協会により正式に認定・登録されています。

記念日の目的は、和装文化の魅力をより多くの人に知ってもらい、その需要を促進すること。

帯締め 帯締めの束

和装小物の美しさは、日本人ならではの繊細な感性から生まれるもので、その感性を大切にしながら、新しい時代に合った和装小物を提供し続けることが、この記念日の大きな目的となっています。

また、この日は「半襟の日」(1月15日)との関連から設定されました。春の訪れとともに、新たな和装小物を身につけることで、一年の始まりを新しい気持ちで迎えることができるという思いが込められています。

和装小物 帯留め

和装小物は単にファッションアイテムとしての役割だけでなく、日本の伝統文化を伝える重要な媒体でもあります。この日を通じて、和装小物の奥深さや、それを支える職人たちの技術に改めてスポットを当てる機会になることを願っています。

組紐 絹糸

ゴールデンウィークに向けて、貴女らしい「和装小物」を探しに、お出かけしてみませんか?

着物姿 女性の後ろ姿

おお又株式会社
大阪市旭区今市1丁目5番15号
06-6955-2200

本店
06-6955-2200

守口店
06-6994-0321

くずは店
072-857-0031

松菱店
059-213-8588
2024年4月14日 : 伊勢型の世界を知る企画
鮫小紋 江戸小紋

※ Please use google translation

こんにちは。
きもの おお又 くずは店です。

4月25日(木)~29日(月)
「伊勢型ものがたり」を開催!!!


期間中、語り部来場。
講演会を10時半、13時半、16時半、期間中毎日開催。

きもの大好き歴女の皆さん必見。
又、切り絵が好きな方や趣味がクラフトワークの方にも楽しめる作品と物語がいっぱい。

白子駅 三重県鈴鹿市

【伊勢型紙】

三重県鈴鹿市の白子・寺家・江島地区で作られる染色用の型紙で、日本全国で流通する型紙の99パーセントが鈴鹿市白子地区で作られています。
伊勢型紙は、強靭で保存性の高い美濃和紙に柿渋を塗り、繊維が縦方向のものと横方向のものが交互重なり強度が上がるように3~4枚貼り合わせ、再度柿渋を塗って乾燥させ、まず型地紙を作ります。
その上に着物の文様や図柄を丹念に彫り抜いていったものが、布地を染める際に用いる型紙になります。

裃 江戸小紋

【江戸小紋】

基本的に単色で細かい柄のものを指し、伊勢型紙を使って染められています。
江戸時代には、他の藩との区別を象徴するため、各藩で「定め柄」を決めてそれぞれの柄を占有していました。また、近年では細かい柄の友禅染を広く小紋と呼ぶようになり、伝統的技法を伝承する小紋染を江戸小紋と称しています。

知って得する知識は、一見にしかず!!!

是非、4月25日(木)~29日(月)、世界が愛した型紙の歴史と美を体験にしてください。

ご来店の予約は、
公式LINE内チャット、もしくはお電話で。

皆さまの「笑顔」を楽しみにしております。

友だち追加

072-857-0031

枚方市楠葉花園町15番1号
京阪百貨店 くずはモール店 2階

↓↓↓くずは店Instagram
https://z-p15.www.instagram.com/oomata.kuzuha/

2024年4月13日 : 振袖でご来店


おお又 守口店です。
3月にママ振に小物を選んで頂いたお嬢様が前撮りの前にお立ち寄りくださいました。ほんとに素敵な振袖姿に感動しました(^-^)


京阪百貨店守口店 5階
きものサロン おお又
06-6994-0321
2024年4月13日 : 創業者の心とつながる
おお又株式会社 日の出

※ Please use google translation

こんにちは。
きもの おお又です。

おお又は2024年でなんと、創業82周年を迎えました。

桜 桜と青紅葉 晴天 春 始まり

さて、82年前とは???
年号が色々と代わり、何だか、、、わかりづらいですね(笑)

82年前、、、それは、昭和17年(西暦1942年)
現在の令和、そして平成よりももっと前。
昭和の初期です。

その時代を語れる方は、もう少ないのかも知れません。

そこで、ChatGPTに昭和17年の出来事を質問してみました。

戦争 人形で戦争について表現

【戦争】
この年は、日本が第二次世界大戦(大東亜戦争)の最中で、ミッドウェー海戦が行われ、日本海軍は全空母を喪失し、大敗を喫しました。

【社会】
多くの女性が「もんぺ」姿になりました。また、デング熱が西日本で流行しました。

戦時中の女性 もんぺ もんぺ姿も女性イラスト

もんぺ柄 もんぺの布

【スポーツ】
昭和17年の高校野球決勝戦は戦争により中止となりました。

【政治】
この年の内閣は東条英機(陸軍)内閣でした。

昭和の女性 白黒写真 昭和を生きた女性達

そんな、想像が難しい大変な時代に、
おお又の創業社長は、「志」を持って会社を立ち上げたそうです。

「わが社は昭和17年に大又巳之助が創業。当時、巳之助は片方の視力も悪く、病弱で身体も小さく兵隊になれなかった。皆が兵隊に行っているのに自分は内地に残っていたことに、無念さを抱きながら《何か自分にできる事はないか》《お国のために》と思う日々を過ごしていた。そんな中、終戦前の厳しい時代でも、女性はいつの時代も美しくありたいと願う気持ちがあると気付いた。その当時は、きものが日常着ではあったが、新しいものを作っている時代ではなく、ウールや木綿が主流。正絹のきものはとても高く、庶民には届きにくい時代だった。そこで《じゃあ、きものを商売にすることで、女性たちのお洒落に貢献したい》と思い創業した」
※ 現社長 小寺啓之が現会長 大又義弘より聴いたお話より抜粋

女性の「美」の追求を手伝い、お国のお役に立ちたい。
その手段として、日本の民族衣装である、きもの(文化)を選んだ、ということでしょうか。

確かに、女性の笑顔がある世界は「元気」「明るく」「活発」ですよね。

振袖 窓際女性

正直、私たちはその時代を体験したわけではなく、直接、創業に携わったわけではありません。

ただ、創業の精神として今も受け継がれてきている言葉「きもの文化を通じお客様に満足と幸せを提供する。これすなわち、世の為、人に為となる精神なり」

この言葉を、現代を生きる私たちなりに、深く考え、進んでいく「きもの おお又」でありたいと思います。

おお又株式会社
大阪市旭区今市1丁目5番15号
06-6955-2200

本店
06-6955-2200

守口店
06-6994-0321

くずは店
072-857-0031

松菱店
059-213-8588


LINEで友達になろう
Make friends with LINE
飾り線


お問い合わせについて
◆おお又本店
◆おお又松菱店
◆おお又守口店
◆おお又くずは店
受講希望店舗へお問い合わせください。各店LINEからもお問い合わせいただけます。


お問い合わせはこちら
06-6955-2200
受付時間:9:00~18:00
各店舗へのお問い合わせは
予約・相談フォームより

◆おお又本店
大阪府大阪市
旭区今市1丁目5-15
TEL:06-6955-2200
おお又本店
◆おお又守口店
大阪府守口市
河原町8-3
京阪百貨店5階
TEL:06-6994-0321
おお又守口店
◆おお又松菱店
三重県津市
東丸之内4-10
松菱百貨店6階
TEL:059-213-8588
おお又松菱店
◆おお又くずは店
大阪府枚方市
楠葉花園町15-1
京阪百貨店2階
TEL:072-857-0031
おお又くずは店